まだ見ぬ世界を照らす為、命を燃やすか死を灯すか。
互いが拳に握りしは、形の違う正義と正義。
相容れぬからこそ咆哮し、ならばこその歌がある。


EPISODE 10
「アン・ティキ・ティラ」


歯車は軋み、照応する宇宙観を胎にカウントダウン。
轡を並べて見据える先で、人の形の悪夢(ユメ)が嗤う。