きりなしの塔で出会った草の精霊モゲルと別れ、4階へとやってきたニケたち。そこは断崖絶壁の崖が切り立つフロアだった。辺りで回っている歯車に乗って突然宝箱を持ったモンスターが姿を現す。好奇心をかき立てられたニケとククリは、警戒するトマを横目に再び歯車の前でモンスターを待ち構えるが、歯車に乗ってやってきたのはカヤだった。