コパールで盗賊に捕まってしまったニケとククリは、盗賊たちの頭であるスライに料理を教えることを条件に、盗賊団の仲間に加わり、彼に弟子入りすることになる。町ではアダムスキーが出した店で、彼の開発したモンスター探知機にトマが目を輝かせていた。そこにやってきたコパールの大臣に反応するモンスター探知機を見て、トマたちは大臣がモンスターであることを知る。