命燃え尽きて倒れても、終わることのない歌がある。
錬成された黄金が照らす、嘆きで霞む未来。
掲げよう、激唱と旋律。前線銃後の――最終抜剣(ラストイグニション)。


EPISODE 13
「涙を重ねる度、証明される現実は」


泥濘のごとき安寧は、澱みに浮かぶ束の間の幻想(うたかた)か。
やがて突きつけられる、何処までも残酷な結末(termination)。